7月18日(水)に広報PRセミナーを開催いたします。

今回のテーマはSNSリスクの事前・事後対策について、2部構成による講義となります。

第1部は「クチコミ」を活用したWOMマーケティングについて、
WOMマーケティング協議会のスペシャリストをお招きし、お話しいただきます。

第2部は株式会社エルテスのリスク対策のスペシャリストから、
インフルエンサーマーケティングに関するお話や炎上のメカニズム、対応などについてお話しいただきます。

どちらも自社の商品・サービスを広める際に思わぬ企業価値の棄損リスクを伴うことをきちんと理解しておきたいところです。
リスクに直面した時、企業の顔としてメディアに対峙する広報担当者として注意すべきポイント、炎上のリスクについて学ぶことができる貴重な機会となります!
ご興味をお持ちの方はぜひご参加ください。

▼日時
 7月18日(水) 19時30分~21時30分 (受付19時)

▼テーマ
 炎上リスクを減らしながら企業価値をさらに高める!最新の危機管理広報とは?」
1部 WOMマーケティングの現状と改定後のWOMガイドライン
2部 インフルエンサーマーケティングにおける企業広報の炎上対策

▼タイムスケージュール
<19:00~19:30>30分
開場・受付

<19:30~19:35>5分
開催挨拶

<19:35~20:15>40分
第1部講義 「WOMマーケティングの現状と改定後のWOMガイドライン」

講師:
WOMマーケティング協議会 理事/共同ファウンダー
電通パブリックリレーションズ シニア・コンサルタント
細川一成 氏

<20:15~21:05>50分
第2部講義 「インフルエンサーマーケティングにおける企業広報の炎上対策」

講師:
株式会社エルテス ソリューションプランニング部 マネージャー
國松 諒 氏

<21:05~21:15>10分
質疑応答

<21:15~21:30>
名刺交換など交流時間

※タイムスケジュール・内容は変更となる可能性がございます。

▼講師

【第1部】 WOMマーケティングの現状と改定後のWOMガイドライン
WOMマーケティング協議会 理事/共同ファウンダー
電通パブリックリレーションズ シニア・コンサルタント
細川一成(ほそかわ かずなり)氏

2009年に国内初のクチコミマーケティング業界団体WOMマーケティング協議会の設立に尽力。
設立以来、事務局長兼理事として団体の運営の中核を担う。
また2010年には日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の運営委員/理事にも就任。
2011年の東日本大震災にあたっては、内閣官房政策参与として、官民連携による復興支援に携わる。
公益社団法人日本パブリック・リレーションズ協会では、PRプランナー資格試験の委員としても活動する。
『広報担当者のためのプレスリリースの書き方』『デジタルPR実践入門』(いずれも共著)ほか講演多数。
2010年PRアワードグランプリスキル部門賞受賞、2011Spikes Asia Advertising festivalメディア部門ブロンズ賞受賞

【第2部】 インフルエンサーマーケティングにおける企業広報の炎上対策
株式会社エルテス ソリューションプランニング部 マネージャー
國松 諒(くにまつ まこと)氏

金融機関を経て、エルテスへ入社。
ソーシャルリスクに関しての豊富な知見を基にし、
国内上場企業を中心にWeb論調調査、
ならびに危機管理コンサルティングを提供している。

▼参加費
 無料

▼定員
 30名

▼会場
 +OURS八重洲
 東京都中央区八重洲1-4-16 東京建物八重洲ビル3階
日本橋駅より徒歩1分、東京駅より徒歩4分

▼お願い
 ・受付にてお名刺を一枚頂戴いたします。お持ちくださいますようよろしくお願いいたします。
・講師に事前に質問を受け付けております。お申し込みフォームのアンケート欄にご入力ください。

▼主催
 一般社団法人PR Supporters
 フリーランスから企業広報まで、広報PRに関するすべての人をオンライン・オフライン両軸でサポートするサービスです。