利用規約

会員は本サービスの申し込みおよび利用に際し、本規約の全文をお読みいただき、内容をご理解いただいたうえで、本規約に同意いただく必要があります。

一般社団法人PR Supportersの入会及び退会に関する規則

(目的)

第1条 この規則は、一般社団法人PR Supporters(以下「この法人」という。)定款第6条の規定に基づき、この法人の会員の入会及び退会に関し、必要な事項を定め、会員の地位の安定を図ることを目的とする。

(会員の種別)

第2条 定款第5条に規定する会員は、次の各号のいずれかに該当する個人又は団体とする。なお、正会員をもって、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律上の社員とする。

⑴ 正会員 この法人の目的に賛同して入会した個人又は団体

⑵ 一般会員 この法人の目的に賛同してその事業を推進するために入会した個人又は団体

 ア PRプロフェッショナルメンバー

 イ 法人メンバー

 ウ PRスターターメンバー

⑶ 賛助会員 この法人の目的に賛同してその事業を支援するために入会した個人又は団体

⑷ 特別会員 この法人に功労があった者又は学識経験者で社員総会において推薦された者

(入会手続)

第3条 この法人の正会員又は賛助会員になろうとする個人又は団体は、入会申込書に個人にあっては履歴書及び住民票、団体にあっては当該団体の定款及び登記事項証明書等を添付して、この法人に提出しなければならない。ただし、代表理事が必要と認めたときは、添付書類の一部又は全部を省略することができる。

2 この法人への入会の可否は、次に掲げる基準を基に代表理事が決定する。

⑴ 成年被後見人又は被保佐人でない者であること。

⑵ 入会申込書及び添付された関係書類等から、会員としてふさわしいものと認められる個人又は団体であること。

3 代表理事は、入会の可否を決定したときは、入会決定通知書により、入会申込者に通知しなければならない。

4 特別会員については、代表理事があらかじめ本人の意向を確認の上、社員総会において推薦を決定し、本人に通知するものとする。

(会員名簿)

第4条 入会者は、会員の種別ごとに会員名簿に登録する。

2 会員名簿に登録された個人会員に関する情報については、その公開の可否及び公開の範囲について、本人の意向を十分尊重し、慎重に取り扱わなければならない。

(入会金及び会費)

第5条 入会金及び会費の金額及び納期並びに減免に関する扱いについては、社員総会の決議により定める会費等に関する規則によるものとする。

(退会)

第6条 会員は、退会届を提出して、任意に退会することができる。

2 前項の規定により会員が退会したときは、会員名簿の登録を抹消する。

3 定款第9条の規定により、退会以外の事由により会員の資格を喪失した場合については、前項と同様に会員名簿の登録を抹消する。

(改廃)

第7条 この規則の改廃は、社員総会の決議をもって行う。

(補則)

第8条 この規則に定めるものほか、必要な事項は代表理事が別に定める。

一般社団法人PR Supportersの会費等に関する規則

(目的)

第1条 この規則は、定款第8条に定める一般会員が支払う入会金及び会費に関する必要事項を定め、それによって一般社団法人PR Supporters(以下「この法人」という。)の事業活動に経常的に生じる費用に充てるための収入を安定的に確保することを目的とする。

(入会金及び会費)

第2条 定款第7条に規定する入会金及び年会費は、次に掲げるところによる。ただし、消費税は別途申し受ける。

 ⑴ 正会員 なし

 ⑵ 一般会員

  ① 入会金 15,000円

  ② 年会費

   PRプロフェッショナルメンバー       57,600円

   法人メンバー               360,000円

   PRスターターメンバー           12,000円

 ⑶ 賛助会員 なし

2 事業年度の途中で入会した会員のその事業年度の会費は、月割とすることによりこれを減免することができる。

3 経費はこの法人の資産とし、この法人の経費は資産をもって支弁する。

4 会費の管理については、代表理事が行なうものとし、その方法は社員総会の決議により別に定める。

(権利と特典)

第3条 前条の会費を納めた一般会員は、次の特典を与えられるものとする。

 ⑴ バナー贈呈

 ⑵ ステッカー贈呈

 ⑶ 主催セミナーへの割引参加

 ⑷ ワークスペース利用

 ⑸ 広報に関する相談

(会費等の納入)

第4条 この法人に入会した一般会員は、入会及び退会に関する規則第3条第3項に規定する入会決定通知を受けた日から7日以内に、入会金及びその年会費をこの法人所定の方法により納入しなければならない。

2 会員から納入された入会金及び年会費については、直ちに会費台帳に記載し、その経過を明らかにしなければならない。

(資格喪失に伴う一般会員の会費返還)

第5条 この法人は、一般会員が納入した入会金及び当該年会費として納入した会費については、これを返還しない。

(改廃)

第6条 この規則の改廃は、社員総会の決議をもって行う。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか、会費等に関する必要な事項は代表理事が別に定める。

附 則

 この規則は、平成30年8月21日から施行する。