プレスリリースは広報・PRの基礎となる重要な活動です。

しかし、この活動のみに大きな労力を割かれてしまい、広報・PRを行う本来の目的を達成するための企画などのクリエイティブに満足な時間を使うことができない企業が多いことについて、以前から問題意識を持っていました。

PR Supportersと連携をしたのはプレスリリースにかかる工数が、特にフリーのPRパーソンにとって死活問題になっていると感じたからです。

私達が運営するプレスリリース配信サービス「@Press(アットプレス)」は、累計17,000以上の企業・団体に利用いただいている広報・PRのインフラです。

大手企業から街の飲食店、地方自治体やベンチャー企業まで幅広いクライアントに利用いただいています。

@Pressの最たる特長でもある「日本国内で最も記事や取材につながる」ことを目的に利用していただいておりますが、他方で工数の削減を目的にご利用いただくクライアントも多く存在します。

広報担当者を苦しめる工数の問題

通常、プレスリリースは1回に数百件のメディアに対して配信します。

その際、広報・PR担当者を苦しめるのが配信先メディアリストを作成する作業です。

ベテランの広報担当であればキャリアを通じて作り上げた記者とのつながりを使って、適切なメディア全てを網羅したメディアリストを保有しているかもしれません。

しかし、記者は転職をしたり、部署や担当ジャンルが変更されるということが頻繁に発生します。

そうなるとメディアリストはイチから作り直さなければいけません。

また、そもそもメディアとのつながりが薄い広報担当者や、初めてのジャンルのプレスリリースを作成した場合は送る先がないという状況になります。

@Pressは10,000リスト8,500メディアを超えるプレスリリース送付先リストを保有しており、定期的に記者の異動や担当変更を確認しています。

@Pressを使う広報・PR担当者は、メディアリストを毎回自身で作り上げる工数と連絡先や受取ジャンルを更新する工数がなくなり、広報・PRの企画立案など、よりクリエイティブな業務に時間を割くことができます。

フリーのPRパーソンこそ時間にシビアでなければいけない

PR Supportersには、PRプロフェッショナルメンバーとして多くのPRパーソンが所属しており、そのほとんどがフリーランスです。

フリーランスは企業に属しているわけではないため、仕事の質が良いこと、そして仕事量を増やすことが安定収入・収入増加に直結します。

プレスリリースにまつわる全ての行為に自らの時間を割くことは、仕事量を圧迫し、かといってプレスリリースを疎かにすることは仕事の質を下げることにつながります。

私たちは、そのような背景から、フリーのPRパーソンこそプレスリリースの配信サービスをはじめとしたBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)サービスを活用するべきだと考えています。

PR Supportersと連携をしたのは、PR Supportersも同じようにフリーのPRパーソンへの支援を考えていたからです。

広報・PRの業務の全般的なサポートを行っているPR Supportersの機能にプレスリリース配信サービスを加えることによって、PRパーソンにとってより充実したサービスになりました。

2017年2月に小中学生を対象に行われた「将来就きたい仕事」に関する調査(※)では、「自営業・個人事業主・フリーランス」という回答が7位になるなど、フリーランスという働き方は今後も広がっていく見通しです。

@PressではPR Supportersとの連携を強化していき、フリーのPRパーソンが輝ける環境の創造に取り組んでいきます。

※参考資料:株式会社アデコ「将来就きたい仕事」に関する調査( http://www.adecco.co.jp/about/pressroom/investigation/2017/0222/ )

配信サービスからのプレスリリースって本当に読まれてるの?

プレスリリース配信サービスを運営しているとよく聞かれるのが「メディアの記者って、配信サービスから送られてくるプレスリリースを本当に読んでいるの?」という質問です。

結論から言えば、@Pressから配信されるプレスリリースは読まれています。

もちろん、プレスリリース以外の情報ソースから記事を書くことがほとんどという記者もいますが、プレスリリースをきっかけとして多くの記事が作られており、世の中のニュースの情報源の一つとして活用されています。

今日、@Pressをはじめとした配信サービスを活用する企業は増え続けていて、メディアも配信サービスから届くプレスリリースなしでは、重要な情報を見落としてしまう状況になっています。

「配信サービスからプレスリリースを受け取り記事を書く」ということがメディアにとって当たり前になってきているのです。

とはいえ、メディアと関係のないプレスリリースを一方的に送りつけたり、まったくニュース性のない情報を配信したりしても、記者は一瞥でゴミ箱に捨ててしまうどころか情報発信元を嫌ってしまう状況になります。

情報が溢れている現代だからこそ、「メディアにとって有益な情報」を届ける姿勢が大切です。

なお、懇意にしている記者や確実に記事にして欲しいメディアには、自社から直接プレスリリースを送ることが効果的です。最近では、Facebookのメッセンジャーで記者にプレスリリース情報を届けることも多くなっています。

プレスリリース配信サービスを利用して、網羅的かつ的確に手間なくメディアにプレスリリースを届けつつ、広報・PR担当者と懇意の記者には直接連絡を取るなど、上手く手法を使い分けることが効果的です。

@Pressは広報・PRのインフラサービスです。それをどう使いこなすかということについては、企業の創意工夫も必要となります。

またPR Supportersでは、広報・PR担当者向けの勉強会を定期的に開催しているため、そのような場も活かして自身の広報・PR業務をブラッシュアップし、よりクリエイティブなことにリソースを投下していってください。

<プロフィール>

林 泰哉

ソーシャルワイヤー株式会社 アットプレス事業部 副事業部長

2010年ソーシャルワイヤー入社。広報・PR支援を掲げるプレスリリース配信サービス「@Press」の事業・運用を統括。サービス企画・開発のほか、サイト等のUI改善、コンテンツ企画立案、アライアンス、セミナー登壇なども実施。